ネット通販と物流の最新事情

「物流」が決め手になるネット通販

「物流」が決め手になるネット通販 昭和の時代とは対照的に、平成の昨今ではネット通販サービスが完全に市民生活に根付いています。
かつて、日本の国では通販サービスはまるで流行らないと言われていました。
しかし、近年では多くの一般消費者が日常的にPCやスマートフォンを通じて品物を取り寄せています。
平成に時代に入り、急激に市民生活へと普及していったネット通販ですが、その背景には物流業界の見えない努力がありました。
いくらIT技術が発達しても、最後の品物を届けるのは運送業者のスタッフです。
またネット経由の大量の品物を管理し、迅速かつ効率良く配送のスケジュールを計画するのは物流業界の優れたシステムが無ければ成立しません。
ITの発達以上に物流業界のシステム向上と現場の配送員の技術と経験の蓄積こそが、今日のネット通販普及の決め手となりました。
また運送業者が当初は需要が殆どなかったにも関わらず、赤字覚悟で流通拠点を各地に整備したり、流行らないと断言されたネット関係の受注を同じく赤字覚悟で引き受けていった事が、今日の繁栄の決め手となっています。

もしも物流がなくなったらネット通販はどうなる?

もしも物流がなくなったらネット通販はどうなる? 物流システムと現場の宅配便のスタッフによって、日本のネット通販サービスは支えられてます。
配送業者に対して不当なクレームをつける、モンスターカスタマーが昨今増加して来ていますが、明らかに日本の物流システムは世界一の水準であり、時間帯指定が無料が出来るサービスを大手各社が全国津々浦々まで提供しているのは日本くらいだけです。
またそもそも荷物が安全に目的地まで届く国は、有り体に言ってそう多くありません。
現場のスタッフの意識も非常に高く、もし何かの拍子で物流システムがなくなったら、日本のネット通販業界は瞬く間に壊滅します。
不当なクレームを物流業界につけるユーザーや企業はその重要性を再認識しなければいけません。
ネット通販サービスがこれだけ発展しているのも、運送会社とそのスタッフの努力の賜物です。
もしなくなったら、ネット通販で頼んだ品物が届くまでに数週間掛かるのが当然の時代へ逆戻りします。
またプロではないスタッフが運送すれば、品物の破損や紛失が多発し、ユーザーの満足度は桁違いに落ち込む事でしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>